HOME ROASTED COFFEE & TEA MOUNTAIN IKOMA
ペーパードリップ編
ペーパー・ドリップ編 :一杯分でも美味しく手軽に楽しめます
必要な器具> 
・ドリッパー
・ペーパーフィルター
・メジャースプーン ・一つの基準を作る意味で必要です。
            (大きさが様々です。確認出来るよう
            ならば、何グラムすくえるか確認して
            下さい。ちなみにこのレシピでは、
            すり切り1杯「豆で10g、粉で12〜3g」
            すくえるスプーンを使用。)
・サーバー(2杯以上のコーヒーを作る時は必ずご使用下さい。)
・ポット(細口のものが適しています)

  ポイント
  ドリッパーには3つ穴、1つ穴円錐型などがあります。
        今、お手持ちのドリッパーを確認して下さい。 
        
3つ穴        1つ穴         円錐型
       


<<3つ穴タイプ>>
  まずは、基本スタイルとして、「3つ穴」タイプから説明致します。
1. ペーパーを折ります。

  下とよこは、互い違いに折ります。


2. ペーパーを広げてドリッパ−にセットします。
  ドリッパーをサーバーまたは、カップの上にのせて下さい。
  
   <ポイント>ドリッパーにセットされたペーパーに軽くお湯を掛けて、
          予め紙を濡らした状態にする。この工程を加えると
          少しコクのあるコーヒーになり「紙臭さ」も取れます。
          紙を濡らす際にサーバーまたはカップに落ちたお湯は
          捨てて下さい。
          もしよかったら、一度この落ちたお湯を飲んでみて
          下さい。紙の臭いを感じると思いますよ?。
          興味のある方は、是非お試し下さい。
  <ポイントその2>キッチンスケールを使うと粉もお湯も
              量が量れるので、安定した味を作る事が
              出来ます。 詳しくはこちら

3. 人数分の粉を入れます。  
         ※メジャースプーンは、豆で1杯10g、
          粉で1杯12g の物を使用しています。 
          コーヒー1杯・・・120cc


※コーヒーの粉を入れたら、ドリッパーを左右にゆすって粉を平らにします。
    お湯を均等に注ぐ為にも、必ず行って下さい
  
  ○ 1杯分・・・・・10〜13g(すりきり1杯前後)
  ○ 2杯分・・・・・16〜20g(すりきり1杯半〜1杯8分目)
  ○ 3杯分・・・・・21〜27g(すりきり2杯〜2杯半)
  ○ 4杯分・・・・・28〜32g(すりきり2杯半〜3杯)
  ○ 5人以上・・・30〜40g(4人分 + 半杯


  ポイント 
      お好みに合わせた分量の調節が重要。特にカップの大きさで
      粉の量は大きく違います。マグカップ2杯は通常のレギュラー
      カップ約3杯分の量になります。


4.お湯を用意します。

  〜ドリップポットの使い方〜
  通常のドリップポットの場合、縦に高さがあるので、お湯が沸きにくい。
  なので、一度やかん等で沸騰させたお湯をドリップポットに移してから
  ご使用下さい。移すだけで沸騰したお湯は90℃位まで下がり、そのまま
  ドリップを始める事が出来ます。

  更なるポイント
    
深煎りのコーヒー豆(炭焼きコーヒーやアイスコーヒー用豆の様な
    黒っぽく、よく焼けたコーヒー豆)を美味しく作るコツ!

    お湯の温度は更に低い、80℃〜85℃がベスト。
    お湯の温度を低くし、ゆっくり丁寧にドリップする事で苦味と雑味を
    抑え、甘味が引き出されます。
    ※やかんで沸騰させたお湯をドリップポットに移し、さらに30秒〜1分、
     待ってから注ぎ始めます。

    〇お湯の温度についてはこちら
     
  


5.「蒸らし」をします
  まずは軽く湿らせる程度のお湯を掛けて、粉を蒸らします。
  
  〜お湯の注ぎ方〜
    必ず、中心から注ぎ始めます。
    「蒸らし」の場合、中心部にお湯を注ぎ、その後「クルッ!」と
    回す感じでOKです。
  ※蒸らし時間は約30秒
  蒸らしで注ぐお湯の量はコーヒー粉と同じ量がベスト!
 (例)コーヒー粉20g入れた場合、お湯は20cc。
  
 下のサーバーにコーヒーが数滴落ちるぐらい。
  30秒の「蒸らし」が終われば、2回目のお湯を注ぎます。
   
 
  
.6.お湯を注ぎます
 
  注ぎ始めは「中心」から!(写真1)

  コーヒーポットをお持ちの方は、「の」の字を書くように注ぐのですが、
  まず中心部分にお湯を落とし、その後、螺旋のように徐々に「外側」
  に広げながら注ぎます。
  「外側」まで行ったら今度はまた「中心」に戻るようにお湯を注ぎます。
  中心に戻ったところで「写真2」のように、コーヒーの粉がドリッパーの
  上の方まで漬かっている状態であればOKです。

  「写真3」のように、お湯をドリッパーの側面に当てないように注ぐ。
  (端から約1p位は残す感じで、壁に当てないように注意しましょう)
  ドリッパーの端に直接お湯が当たるとコーヒー豆を蒸らす事無く
  そのまま流れ落ちてしまいます。

  やかんの方は、「も〜これ以上お湯は細くならな〜い」という所で
  キープし、「一」の字を描くように、左右に振りながら注いでください。
  余裕があれば、「だ円」を描くように注いでみましょう。
写真1          ●写真3
 

写真2
  


7.注ぐタイミングと回数

 <おさらい>
  「沸騰したお湯をドリップポットに移す」→「蒸らし」→「30秒」
   →「2回目の注湯」
  
  そして、3回目以降の注湯のタイミングと回数です。
  (写真4)のように、真ん中が軽く凹んだら次のお湯を
 「中心」から「外側」に向かって螺旋状に注ぎます。
  注ぐ回数の目安は、「人数プラス2〜3回」。
  2杯分のコーヒーを作る場合は、「蒸らし」を含めて4〜5回。

<ポイント>蒸らしをスタートしてから約3分で抽出を完了が理想的。
      お湯を数回に分けて注ぐのは、その時間をコントロールする為です。
      その時間コーヒー粉は、お湯に浸かった状態になり味が引き
      出されます。
        〇抽出時間についてはこちら
        〇お湯が浸かる事についてはこちら
  
 <注意>
 側面に残っているコーヒー粉を掻き落すのは止めましょう。

 思わず側面に付いているコーヒー粉をお湯で落としてしまう方、多いです。
 粉を掻き落したお湯は勢いよくサーバーに滑り落ちてしまうので、
 コーヒーの味を引き出すどころか薄くしてしまいます。
 
写真4
  


8.美味しいコーヒーの出来上がり!

  人数分または、お好みの量になったらコーヒーの出来上がり。

  ※人数分または、お好みの量に達したら、速やかにサーバーから
   ドリッパーを外して下さい。(写真5)
  
  2杯分以上作った場合、全体の濃さと味を均一にするため
  に軽く混ぜてからカップに注ぎ分けて下さい。
             写真5
    
 ポイント<プロの技>
   ドリップ式では、コーヒー豆がドリッパーの中でどの位の時間お湯に
   漬かっているか?(蒸らされているか)、そしてどの位の温度なのか?
   (お湯の温度)がとても重要です。
     
  時間・・・
蒸らしの30秒も含めて約3分で抽出完了が望ましい
        とされています。
        (※「望ましい」と言われているだけで、「そうしなけれ
         ばならない」という訳ではありません。
        1杯分だとお湯が早く落ちてしまうので、
        「ゆっくりと注ぐ」を心掛けて下さい。
        抽出時間は1分半〜2分位であればOKです。
        逆に多人数分だと時間が掛かり過ぎたりしますので、3分を
        意識しながら少し大胆にお湯を注ぐと良いでしょう。)

  温度・・コーヒーの抽出に望ましい温度は
      「約90℃前後」とされています。
      更に細かく分けると「浅煎り」や「深煎り」などの豆の状態や
      作る目的で温度を変えます。
       
   95℃・・・・・・・浅煎りコーヒー豆、アメリカンコーヒー
            高温抽出は、香りを引き出します。
            ただし、苦味や不快な味も出やすい。

   90℃前後・・・浅煎りコーヒー豆、中煎り〜中深煎りコーヒー豆
            一般的に望ましい温度。
            
   80〜85℃・・深煎りコーヒー豆、中深煎りコーヒー豆、
            アイスコーヒー
            温度を下げて抽出する事で、苦味や雑味を抑え、
            甘味を引き出します。ゆっくり抽出する事で更に
            味わい豊になります。
           <やかん等で沸騰させたお湯をドリップポット等別の
            容器に移し、更に30秒〜1分待つ。>


  


      
              
               
これらの点にこだわって作ると、更に「自分好み」のコーヒーに近づくのではなでしょうか!


PAPER DRIP
Let's TRY!
MOUTAIN IKOMA
original recipe

ペーパードリップ編      ・サイフォン編        ・ネルドリップ編
・コーヒー保存法        ・自家焙煎編         ・紅茶編
・水出しコーヒー編       ・コーヒーゼリー編     ・アイスコーヒー編
・フレンチ プレス編       ・手挽きコーヒーミルの調整 
inserted by FC2 system