HOME ROASTED COFFEE & TEA MOUNTAIN IKOMA
FRENCHPRESS
Let's TRY!
MOUTAIN IKOMA
original recipe

フレンチ プレス 初級編:プレス器を使った簡単抽出法

必要な器具
   
  ・プレス式コーヒーメーカー
  (フレンチプレス)
   メジャースプーン、計量カップ

  以上の物をご用意下さい。

<おすすめコーヒー豆>
  少し濃いめのコーヒー豆がおすすめ。
   ◎ カフェ ティエドール
   ◎ コロンビア サンチュアリオ フルシティー


1、プレス式コーヒーメーカーを用意します。
  
  紅茶用としてお持ちの方も多いと思います。
  
  基本的には、紅茶もコーヒーもどちらも作る
  事の出来る器具です。
  出来れば「兼用」は避けて頂きたいのです
  が、どうしても「兼用」をお考えであれば、
  コーヒーを作った後は、「しっかり」と洗剤で
  洗って下さい。(特にメッシュフィルター)
  
  ※その後、紅茶を作る時は、「きっちり」と
  湯せんして(ガラス部に熱湯を入れ、その
  中にフィルターを入れて30秒程おく)から
  作りはじめて下さい。


2、お湯を沸かします。

  杯数分と湯せん用のお湯を用意します。

3、プレス器とカップを湯せんする。

  プレス器のガラス部に熱湯を入れ、
  フィルターもそのお湯に浸けて30秒程
  おきます。

  カップも湯せんします。

  ガラス部が温まれば、中のお湯を
  捨てます。、

4、人数分のお湯を入れます。

  プレス器のガラス部に杯数を示すポイントが
  付いている場合は、そのポイントより
  「ちょっと」上までお湯を入れて下さい。
  もし無い場合は下記の1人分の水量を
  参考に入れて下さい。
  出来上がりは、入れたお湯の量から10%位
  減ります。
 (「1人分140cc」入れた場合、出来上がりは
  120cc位になります。)
 
 ◎1人分の水の量(140cc〜160cc)

5、人数分のコーヒー粉を入れます。
  
  プレス式に適している挽き具合は
  中挽き〜中粗挽き(ペーパードリップ用か
  もう少し粗い挽き目)です。
  コーヒーカップに入る「細かいコーヒーカス」
  を減らしたい時や、味わいを「軽く」したい
  時は更に粗く挽きます。

  そのコーヒー粉を人数分お湯の入った所に
  入れます。
  ◎1人分のコーヒー粉(10g〜15g)
   メジャーカップすりきり1杯〜1杯半
   ※ 2杯分以上作る時は、コーヒー粉を少
     し少なめにすると良いでしょう。
     1杯分・・・8g〜12gで調節を

3、フィルターをセット!

  フィルターをセットして、約4分蒸らします。

  


4、フィルターを下ろします。

  約4分経ちましたら、フィルターを下にゆっくり
  下ろします。



5、コーヒーの出来上がり!

  温めたカップにコーヒーを注ぎます。

 
このレシピにちょっと付けたし。
キッチンスケール(はかり)を使って「蒸らし」を加えた
レシピをマンガでご紹介。マンガへ


  ポイント
   フレンチプレスで作ったコーヒーの特徴は
   「コーヒーオイル」と「微粉がもたらすアロマ」
   です。
   「コーヒーオイル」は、一見すると「ギラギラ」と
   表面に浮いていて、「美味しそう」とは感じない
   かもしれません。しかし、適度な油分が味わいを
   「まったり」とさせてくれます。
   そして「微粉」は、カップの底に残って「見た目」
   心地良く感じないかもしれません。しかし、適度
   に微粉の残るコーヒーは、コーヒー豆をそのまま
   かじった様な「香り(アロマ)」と「味わい」が口
   に広がるのです。
   つまり、フレンチプレスで作ったコーヒーは、マイ
   ナスに感じる特徴が、逆に個性となって味わい
   の厚みを作っているのです。
  

    
    
フレンチ プレス 初級編
ペーパードリップ編      ・サイフォン編        ・ネルドリップ編
・コーヒー保存法        ・自家焙煎編         ・紅茶編
・水出しコーヒー編       ・コーヒーゼリー編     ・アイスコーヒー編
・フレンチ プレス編 
inserted by FC2 system