HOME ROASTED COFFEE & TEA MOUNTAIN IKOMA
1. 布フィルターの水気をしっかり絞って取って下さい。
  この時「柄」の付いているネルフィルターは、片方で「柄」を持ち、
  もう片方でフィルターの先の部分を「ギュッ」と握ります。
  そのまま「柄」を横に「クルクル」と回して「ギュッー」と絞ります。
  その後、形を整えてコーヒーの粉を入れて下さい。
2. 人数分の粉を入れます。   
  ※メジャースプーンは、豆で1杯10g、粉で1杯12g の物を使用しています。 
1人分
  1杯〜1杯1/3
2人分
1杯1/3〜1杯8分目
3人分
  1杯8分目〜2杯半
4人分
  2杯半〜3杯
5人以上
4人分+1人分を半杯とする
ポイント ネルフィルターの中心部分にコーヒーの粉が集まるように、
スプーンで何度かコーヒーの粉を突き刺し詰め込みます。
ネルフィルターの先の方が少し固くなればOKです。
その後、コーヒーの粉の真ん中を指で軽く「くぼみ」を作ると
全体にお湯が行き渡り易くなります。
3. まずは軽く湿らせる程度のお湯を掛けて、粉を蒸らします。
 ※お湯は、沸騰させ火から下ろし30秒ほど待ってから注いでください。

<プロの技!>ネルフィルターは「円すい」のような形になっている為、中心がとても深くなっています。
      その為コーヒーの粉が「真ん中」に集中します。お湯を注ぐ時も「真ん中に多めに注ぐ感じ」で、
      そして「外側は軽くかける程度」を意識して注いで下さい。
      「蒸らし」の場合もお湯は「真ん中」を意識して注ぎます。
      しかし、あまり真ん中を意識しすぎて「蒸らし」のお湯が多くなりすぎてコーヒーが「ダラダラ」と
      下から出ないように注意!数滴「ポタポタ」と落ちる程度になるように頑張って下さい。

※蒸らし時間は約30秒
4. 残りのお湯を注ぎます。.
  コーヒーポットをお持ちの方は、「の」の字を、やかんの方は、「一」の字を描くように注いでください。
  「の」の字の注ぎ方は、1つ穴のドリッパーを同じ様に「中心→外側→中心→外側・・・」
  螺旋状の連続運動をしながら注湯して下さい。

<プロの技!>ネルフィルターには「中煎り〜深煎りコーヒー」がおすすめ!
          ネルの特徴が良い形でいかされます。
          深煎りコーヒーの場合「お湯の温度」は少し低めがよい。(ペーパードリップも同様)
          沸騰させたお湯を火から下ろして45秒〜1分程待ってから注ぎ始めます。
          約80〜85℃が適温。1〜2杯分では「糸」の様に細いお湯を「の」の字を描きながら、
          中心からゆっくりと外側に向かって注ぎます。
          注ぐときは、側面に当てないように注ぎます。(端から約1p位にはお湯を当てない。)
5. 人数分まで抽出します。
  人数分に達したらネルフィルターをサーバーの上から 外してください。
ポイント  抽出のスピードで味の濃さも変わります。
「ネルフィルターは深煎りコーヒー豆がおすすめ」と書きましたが、
もちろん「浅煎りコーヒー」でも使えます。
「浅煎り」の場合は、お湯の温度も高めで抽出のスピードも早くした方が
アクの少ないスッキリさが出て良いと思います。
ネルドリップ編
ネル・ドリップ編:大量抽出にも向いています。アイスコーヒー作りにおすすめ!
必要な器具
        ・布フィルター
        ・メジャースプーン
        ・サーバー
        ・ポット(細口のものが適しています。)

布フィルターの取り扱いについて
 @ 下ろし立てのフィルターはよく水洗いして、
   手鍋で5分程煮沸して下さい。
   長い間使用していない場合も同じ様に煮沸してからご使用下さい。

   <プロの技!>手鍋の中に抽出後のコーヒー粕をひとにぎり
          入れて下さい。
          下ろし立てのネルフィルターはお湯が通りやすい
          ので、適度に目を詰まらせる事が必要なのです。
 A 使用後は水でよく揉み洗いしましょう。
 B 水を張った容器に入れて、冷蔵庫で保管。
   または、フリーザーバッグに入れて、冷凍庫で保管。
 C 使用限度は100回位が目安です。 ネルフィルターが目詰まり
    してコーヒーの落ちるのが遅くなったり、匂いが気になり始め
    たら すぐに交換しましょう。

コーヒー豆は、中挽きか、やや粗めに挽いて下さい。
Let's TRY!
MOUTAIN IKOMA
original recipe

NELDRIP
ペーパードリップ編      ・サイフォン編        ・ネルドリップ編
・コーヒー保存法        ・自家焙煎編         ・紅茶編
・水出しコーヒー編       ・コーヒーゼリー編     ・アイスコーヒー編
・フレンチ プレス編 
inserted by FC2 system