HOME ROASTED COFFEE & TEA MOUNTAIN IKOMA
ゴールデン ルール : 紅茶を美味しく作るコツ!
必要な器具  ・ティーポット。
         ・砂時計。
         ・ティーメジャースプーン。
         ・ティーコージー(蒸らしまたは保温用のカバー)
           ※無くても構いません。
         ・ティーカップ(紅茶の色が楽しめるように「底の浅い
          カップ」または、「透明なカップ」がおすすめ。



ポイント!<<ティーポット>>
  ティーポットで重要なのは「形」です。
  ポットは、出来るだけ「丸み」のある形がおすすめ。
  この「丸み」によってお湯を注いだ時に対流が起こり、茶葉の
  「ジャンピング」(茶葉がお湯の中で上下に跳ね回る様子を差し、
  お茶の旨みを引き出します。)を促す働きをします。
  よくある「プレス式器具」ではジャンピングがあまり起こりません。
  ですが、湯量が明確なのと、使い勝手が良い器具なので、お持ちの
  方はそのままお使い下さい。
    
  
<ジャンピング>

1.ポットとカップにお湯を入れ温めます。

  
  まず、お使いになる器具を温めておきます。
  ティーポットが温まれば、中のお湯を捨てて人数分の茶葉を入れます。


2.茶葉を入れます。

  写真のティーメジャースプーンは、約2杯分の茶葉をすくえます。
  
  <茶葉の量>
     1杯分・・・約2〜3g
     2杯分以上・・・約2〜3g×人数


  <見た目の目安>
     この目安は紅茶の茶葉の大きさによって異なります。
     コーヒー・紅茶に使う、ごく普通のティースプーンで量って
     みましょう。
     細かめの茶葉の場合・・・小山盛り1杯で約2〜3g
     大きい茶葉の場合・・・・・大盛り1杯で約2〜3g

  4杯以上の多人数分を作る場合は、茶葉の量を心持ち少なく入れても
  構いません。
  「茶葉は少なめ、蒸らしは長め」
  で、作って頂くとバランスの良い味わいを楽しんで頂けると思います。
 


3.お湯を注ぐ。

  <お湯の条件>
  紅茶の作り方は、お湯を入れて、蒸らすだけ。
  と、とてもシンプルです。
  ただ一点、とても重要なポイントがあります。
  それが、お湯です。
  大切な条件は2つ!
  「汲みたて」、「沸かしたて」。
  汲みたての水は空気をたくさん含んでいます。その水を沸かし、沸騰
  したてのお湯を使う事で、「ジャンピング」を起こし、味を引き出して
  くれます。
 
  お湯は、とりあえず「ボコボコ」と沸いた状態にします。そこから1分
  ほど更に沸かします。そして沸きたてを一気にポットに注ぎます。
  ※普通に水道水を使用した場合です。


4.蒸らす。

  お湯を注いだらポットに蓋をし蒸らします。
  ティーコージーを被せておくと熱が逃げにくくなるので、
  お茶の味わいを引き出し、保温効果もバッチリです。

  <蒸らし時間 >
   ・小さい茶葉・・・・1分半〜2分
   ・大きい茶葉・・・・3分〜5分

  
蒸らし時間は、基本的には茶葉の大きさで決めますが、
  飲み方によって変えて頂くのも美味しさのポイント。
  ミルクティーで飲む場合は長めに蒸らし、レモンティーで
  飲む場合は短めに蒸らす、といった感じです。

  もちろん、茶葉の特徴によって蒸らし時間は異なるので、
  色々と試してみて下さい。
 

      


5.美味しい紅茶の出来上がり!

  蒸らしが終われば美味しい紅茶の出来上がり!

  <おすすめの飲み方>
  紅茶を飲む時におすすめしたいのが、「味わいの変化」を
  楽しんで頂く事です。
  「味わいの変化」とは、じっくりと時間を掛けて蒸らされる事により
  引き出された味わい変化で、徐々に深みが増し、お茶を余すところ
  なく味わって頂けます。
  3回ぐらいに分けて飲んでみて下さい。
  お1人で飲む場合も、2杯分作って3回に分けて飲んでみて下さい。

  1杯目は、すっきりとした味わいの中の香りを楽しんで下さい。
  2杯目は、適度な渋味を含んだ香りとコク。ここまではストレート
  で飲んで下さい。
  そして3杯目は、最後の一滴(ゴールデンドロップ=一番美味しい滴)
  までカップに注ぎ、濃厚な茶葉の凝縮した旨みを味わって頂く。
  この時、大抵の茶葉は渋味もしっかりと出ているので、ここでミルク
  や砂糖を入れて飲んで頂くと、濃厚なミルクティーとして召し上がって
  頂けます。
 
  是非一度この飲み方を試してみて下さい。味の深さや楽しみを
  きっと感じて頂けると思います。
  新たな紅茶の世界へ!・・・なんてっ!
  
 


GOLDEN RULE
   for TEA
Let's TRY!
MOUTAIN IKOMA
original recipe

紅茶 編
ペーパードリップ編      ・サイフォン編        ・ネルドリップ編
・コーヒー保存法        ・自家焙煎編         ・紅茶編
・水出しコーヒー編       ・コーヒーゼリー編     ・アイスコーヒー編
・フレンチ プレス編 
inserted by FC2 system