HOME ROASTED COFFEE & TEA MOUNTAIN IKOMA
コーヒー保存法 : 少しでも長く香りや風味を維持する為の方法とその活用術
 ここではコーヒー豆(粉)の保存とその注意点について学びましょう!

@ コーヒー豆(粉)は必ず日の当たらない場所に保存しましょう。
A 保管場所
  1)、室内・・・・10日前後で消費してしまう場合は、
           常温(25度まで)の室内でも大丈夫です。
           容器は密閉度の高い物を選びましょう。
           ただし、夏場は冷蔵庫などの涼しい場所に保存し
           て下さい。

  2)、冷蔵庫・・におい物がない事を確認!活性炭と同じ働きで
           臭いを吸収してしまいます。
           2〜3週間位で飲みきる量を保存。
           ※「B より美味しく飲む為に!」に注目

  3)、野菜室・・2〜3週間位で飲みきる量を保存して下さい。
           比較的におい物が少ないのでコーヒー豆(粉)の
           扱いには丁度よい場所かと思います。
           ※「B より美味しく飲む為に!」に注目

  4)、冷凍庫・・1ヶ月またはそれ以上の長期保存になる場合などに
           有効。3週間以内の短期保存でもOK!
           ※「B より美味しく飲む為に!」に注目


B より美味しく飲む為に!
  冷蔵庫などで保存されたコーヒー豆(粉)は当然冷たくなって
  います。
  そんな冷たいままのコーヒー豆(粉)でコーヒーを点てる(抽出)
  と、味、香り、風味の乏しいコーヒーになってしまいます。
  そこで、3〜5日分位のコーヒー豆(粉)を別の容器に移して
  常温に戻す事をおすすめします。
   
C 真空パックになっていてもコーヒー豆(粉)は劣化します。

  1)、真空パックまたは未開封の袋の状態であっても
     コーヒー豆(粉)は劣化します。
  2)、開封、未開封に関わらず、冷凍庫、冷蔵庫で保存
     されていても、3ヶ月位から酸化した独特の風味が
     出て、香り、口当たりの風味そして味わいが乏しく
     なります。
  3)、常温での保存は酸化を早めてしまいます。
     長期保存の場合は、必ず冷蔵庫または冷凍庫に
     保存して下さい。 
       

 ポイント!
   
   焼きたての風味を楽しんで頂くための期間として、
   コーヒーは3週間前後で
「飲みきる」量の購入をおすすめして
   おります。

   生鮮食品と同じ様な感覚でコーヒー豆(粉)を扱って頂けると、最後
   まで味わいと香りを楽しんで頂けます。

   更に「豆のまま保存」は風味、味わいを閉じ込める「カプセル」の様な
   もので鮮度(豆のふくらみ)や香りに大きな違いが出てきます。
   
   とは言ってもコーヒー豆は生鮮食品です。見た目は大きな違いを感じま
   せんが時間と共に確実に変化して行きます。
   ですから消費サイクルを出来るだけ短くし、その補いとして保存法
   を活用して頂きたいと思います。
   
コーヒー保存法
ペーパードリップ編      ・サイフォン編        ・ネルドリップ編
・コーヒー保存法        ・自家焙煎編         ・紅茶編
・水出しコーヒー編       ・コーヒーゼリー編     ・アイスコーヒー編
・フレンチ プレス編       ・手挽きコーヒーミルの調整  
inserted by FC2 system